張子の虎,虚仮嚇しの狼。

ども,玖狼です。

めちゃくちゃお久しぶりみたいですね。
いつものようにライブ感想更新です。twitterで済ませるつもりが,なんか目が冴えちゃったので。
あくまで感想・私見が大半ですし,頼りない記憶力を伝っているので前後関係などが混乱しているかもしれませんがご容赦を。

今月頭から開催されていた,“LAWSON presents TrySail Live 2017 Harbor × Arena”全公演に参加していました。
そして本日(日付変わっちゃったから昨日),ファイナルを迎えたのですが,
その神戸公演(7/29, 30)が個人的には初めて尽くしだったので,記録に残しておこうかなと思った次第です。

まず初日。
座席がアリーナHブロックのちょうどセンターステージ通路(メインステージとセンターステージをつないでるとこ)の隣2つ目でした。
つまりめちゃめちゃ近かったということです。
ここまで近くでお三方を見ることができたのは初めてで,興奮が冷めやらぬという状態でした。
しかもですよ、通路で止まるところがあるじゃないですか。
だいたいすぐ横で止まってくれるわけですよ。めっちゃこっち見てくれるわけですよ。
記憶飛びますよね(
横浜の時も同じブロックだったのですが、もうちょっとセンターから離れたところだったので、センターステージを見るのに後ろを向かないといけないんですが、その時あまり視界がよくなくて。
でもこの席だとセンターステージも見えるわけです。くっきりと。
別のライブの時,演者さんの後ろ姿しか見えず落胆してたんですが,一緒に行った人が「モニターとか前からの姿は結局ライブ映像が出たときに見れるけど,後ろ姿は今しか見れない」と言っていたことを胸に刻み,しっかりと目に焼き付けていました。
で、神戸初日の曲目なんですが。
セトリ自体は横浜とほぼ同じでした。ですが,今回は雨宮さんにすべて持っていかれていたといっても過言ではないかと。
以前のライブの時にも思ったんですが,HFSの雨宮さんはどうしてあんなにかっこいいんでしょうかね。
雨宮さんの歌は個人的にとても好きなのですが,魅力はパワフルさというよりも,スマートさだと思っていたんです。もちろんパワフルな曲もあるんですが。
イメージでいうと,パワフルといっても『刀』のような。強いんだけど,しなやかで芯のある強さ、とでも言いましょうか。
ですが,HFSの時は完全にハンマーでした。ぶん殴られたかのような衝撃でした。近かったから余計そう感じたのかもしれません。
そしてなんといってもirodori。CDを何度も聞きこんでいるんですが,やっぱ紅いジャズめっちゃ好き。ほかにも個人的紅ジャズはあるんですが,同格といってもいいほど好きです。カラスという単語があるっていうのも個人的ポイント高い。
irodoriも『強い曲』ですよね。こちらは『刀』『ハンマー』とはまた違う,秘められた強さ,というか。個人的には『叛逆』という言葉が一番しっくりくるんじゃないのかなと。曲自体は“紅”とか“金”とかのイメージなんですが,最後のブルー。これはもう叛逆としか言いようがないのではと。
そういうことを考えてから聞くirodori,最高でした。

そして日が変わって2日目。
座席としてはアリーナステージAブロック最後列一個前。
初めての最高列間近。
そして初めてのトロッコ接近でした。
トロッコ。2階席のある会場であっても、トロッコに遭遇したことはなかったので,近くで見ることもなかったのです。
ですが今回初めてトロッコを間近で見て,「こんな素晴らしいものを発明したのは誰だ」と思いました。
最後列間近ということで,1日目とは打って変わってステージをまじまじと見ることはできなかったので,今回はトロッコを見た感想を。
2日目のトロッコ。開始早々夏川さんに持っていかれました。
twitterでは書いたのですが,もう一回書きます。相当気持ち悪いです。

夏川さんのポニテ!首筋!!光る汗!!!!

はい。
SailOutの時にちょうど後ろに来てくれていたのですが、その時にやられました。
ポニテにしていたのは最初から「あ、髪型が昨日と違う…ポニテじゃん、やばいわ近くで見たら死ぬわ」と割と軽く考えてたのですが、やられました。
後半のトロッコでも拝謁することができたのですが、素晴らしいものでした。
超眼福でした。それ以上の視覚情報の記憶がない。だめだこの脳みそ。
夏川さんといえば、1日目の時に思ってたんですが,センパイ。のときの振りがとてもツボでした。
拗ねた後輩チックな脚の動き。素晴らしい。
全体的に夏川さんのステージパフォーマンスがライブを重ねるごとに進化しているのがわかりました。
私はライブを見るとき,出されたものをすべて平らげてしまうタイプ(特に何も考えない)なので,そういうのはこういうこと考えるのに損だなーとも思いました。
そして2日目の麻倉さんのMCはとてもよかったです。
言葉を選びつつ,ゆっくりと伝えようとしてくれていること。そして想いが溢れてしまって言葉が先に出ちゃうとことが何となくですがこちらにも伝わってきました。
残念なのはその時の姿をきちんと見れなかったことですね。この時ばかりは流石に運と低身長を恨みました。

とりあえず記録として記憶に残しておきたいのはここまで。
次のライブは8月2日のペルソナライブ。
感想書くかは決めてません。
今日はここまで。それでは。

をかしきものかな人生は。

ども、玖狼です。

誕生日を迎えました。年々顔面年齢に近づいています。

そんなことはどうでもいいんです。
3月10日・11日・12日とライブに参加してきました。
『THE IDOLM@STER MILLION LIVE! 4thLIVE TH@NK YOU for SMILE!!』
アイドルマスターという大きなコンテンツの中の一つである、ミリオンライブの武道館公演。
3日間あるうち、一日目と二日目を現地で、三日目をLVで参加させていただきました。
現地に行けるとは夢にも思っていなかったので、ただただ感謝です。

いつも通り(?)感想中心のレポを書こうかと思うのですが、
えーっ、ちょっとお断りを入れなければいけないことがありまして。
3日間すべてに参加したので、普通は時系列順に書くものだと思うのですが。
少々思うことが多かった今回のライブ、時系列をずらして書こうと思います。
具体的に言うと、まず1日目(現地)の感想、その次に3日目(LV)の感想を書きます。
最後に2日目(現地)の感想を書こうと思います。これのみ追記扱いにしています。
何でかって?2日目の感想が異常に長いんです。ご勘弁ください。
それでは始めさせていただきます。


1日目(3月10日 Sunshine Theater)。
私にとってアイマスライブ初現地。しかも武道館。テンション上がらないわけがない。
座席は北東エリア2階席最前列。舞台後方でしたが、普段見ることのできない姿を見られる絶好の機会だったなと思いました。

驚いたのはセットリスト。
出演者12名のソロ曲と最新CDシリーズのユニット曲を早々に終わらせてきました。
ユニット曲は全体的に元気な曲調の曲が多かったですね。『特攻隊長』と形容されていましたが、それがぴったりだなと思いました。
しかし、私の中の個人的想定では、ユニット曲は大事に取っておくものだと思っていました。それなのに12名のソロとユニット曲4曲をすぐに披露しちゃう。
「武道館っていう記念すべき場所だから、時間は短めなのかなー」とも思ってました。
が、しかし。
「まだまだこれから」という煽りからの、暗転。
そして披露されたのは、

『創造は始まりの風を連れて』

気づけば連番者が目の前に置いてくれたUOを折ってました。
メンバー5人のうち4人がシークレット。
目が点。唖然。
言葉がないから叫んでる。
そんな感じでした。

そこからは既存のデュエット曲やユニット曲をメンバー違いで披露。
あー、ミリオンのライブらしいなーと思っていた矢先。

「乙女ストーム、いっくよー!」

再びのシークレット。
気づけば叫んでました。

シークレットに関しては、最近増えたなーとは思います。
観客を盛り上げるための起爆剤としての機能は無限大です。
まぁ3Days公演だとそれ以降の公演のシークレットが予想できて驚きが半減するということもあるんですが…。
実際一番テンションが上がったシークレットは1日目でした。

では続いて。
1日飛ばして3日目(3月12日 Starlight Theater)
この日だけは現地のチケットどうしようもなく(そもそも取れないと思ってた)、京都に戻ってきてLV参戦。
先ほども言ったように、シークレットについては予想できてたので、感動はもちろんあるのですが、驚きという意味では1日目には劣ったなという印象でした。

ですが。
3日目に関しては、演出にやられたな、という感想を抱きました。
特にカメラ演出と舞台演出。
もちろん意図しないものもあったのかもしれないし、受け取り方の問題かもしれません。
まずは『ハッピ~ エフェクト!』。
曲ラスト、蝶々さんは逆光のため影のように見えたのですが、光の輪っかの中に綺麗に立っている姿に感動しました。
そして『ジレるハートに火をつけて/灼熱少女』。
あえて灼熱少女と歌唱ユニットを入れました。5人なんです。
「ちょっとお休み」してしまった琴葉(種田梨沙さん)の分まで、という書き方はよくないかもしれないですね、琴葉も一緒に歌っている、パフォーマンスをしている姿がしっかりと心に伝わってきました。

3日目のサプライズはシークレットゲストだけではなく。
新曲と、新ゲームの発表、そして新PVお披露目。
今回の武道館は「今までの終着点」だったんだなと思いました。
普通なら『4周年迎えました。来年からも頑張るぞー』だと思うんです。
でも違った。「今まで」と「これから」に明らかに節目が作られたという印象でした。
この武道館を「終着点」にはしてはいけないんだな、と。
全員で迎えていないんだから。一緒にゴールテープを切ったわけじゃないんだから。
スタートなんでしょう、きっと。
これからも応援し続けます。

はい。
割と薄めですかね。
いや、長いか。

それでは2日目の感想を。
…えっとですね、メモを残してたんですね、ライブ終わりに。
基本その通りに書きます。これが当日終わった後に抱いたものすべてだと思うので。
なので、若干いつも以上に読みにくいものになってるかとは思います。ご容赦ください。
追記に続きます。

続きを読む

二度は無いこの瞬間を。

ども、玖狼です。

さて、今回も参加してきました。
「LAWSOM presents TrySail First LiveTour "The Age of Discovery" Calling at YOKOHAMA」
TrySailの1stライブツアー最終日、横浜公演。
このツアー、私個人としては地元である大阪とこの『実家』であるパシフィコ横浜での公演の2つだけの参加でしたので、最終日公演とても楽しみにしておりました。
ツアー全8公演のラストを飾るこの実家公演、それに懸ける想いは人それぞれあると思います。それこそ言葉に出来ないこともあるでしょう。私は事物を単純化して文言に起こすことしか出来ませんので、ここに書くものはとても簡素で単純で、人によっては「浅い」とも思われるかもしれません。
思いの深さはそれこそ海岸から海溝までそれぞれだと思いますし、そこに貴賤は無いと思っています。私は私なりに、言葉に出来ることだけを単純にしてここに書き残しておこうと思って筆(フリック入力)をとっているのです。
要は※個人の感想です ということです。
それをご勘弁いただき、お読みいただけたらと思います。

それではまずセットリスト。
1.Sail Out
2.オリジナル
3.BraveSail
4.パーリー☆パーティ
5.Chip log
6.Daisy Days(夏川さんソロ)
7.明日は君と。(麻倉さんソロ)
8.Absolute Blue(雨宮さんソロ)
9.銀河鉄道999(ハモり曲)
10.センパイ。
11.かかわり
12.whiz
13.ホントだよ
14.sewing dream
15.僕らのシンフォニー
16.明日も晴れる
17.コバルト
18.High Free Spirits
19.Baby my step
20.Youthful Dreamer
UC.ひかるカケラ
※MCパートは割愛

今回久し振りに3階席でした。
正直落ち込んだのですが、参加してみて感じ方が変わりました。
3階最前だったので、目線を少し下げると舞台、そして1階席が広がっていたのですが、サイリウムが海のように広がっていて、3色あるいは1色に染まると本当に素晴らしい景色でした。
そして、舞台装置というのか、スポットライトの当たり方、ライトの光線がはっきりと見えたんですよ。
ライブってとても「立体的」なんだなって思いました。

それぞれの曲の感想。
まずはシングル発売後初めて聞いた「オリジナル。」ですが、やはりとても明るいですね。空色がよく似合う、澄んだ空気感が心地よい曲でした。
そして、ソロパート。
1stシングル発売を控えた夏川さんの「Daisy Days」は2回目でしたが、前回より細かく聴けたような気がします。個人的なツボはAメロ入る前や2番直前のピアノですね。心地いい。
毎回言ってますが、夏川さんと平成初期年代の女性アーティスト曲調って白米と味噌汁並みのベストマッチですよね(伝われ)。
私の中では勝手に「散歩曲」としてるんですが、夏に芝生の庭でホース持って水やりしてて楽しくなって虹作ってる、みたいな映像が勝手に再生されます。素晴らしい。
シングル表題曲に関してはまだ発表もありませんが、とても期待してしまいます。
「明日は君と。」は、舞台演出が映えていました。3階席中央だったのであまり両端のモニターにまで注意を向けられなかったのですが、舞台奥からのカメラで客席がピンクに染まっているのを見たとき、美しい光景だな、と心から思いました。
麻倉さんはラジオを聴いていると“かわいい”という印象なのですが、ライブだと“美しい”になりますね。すごい。
「Absolute Blue」。雨宮さんのソロを聞いて、というか見ていていつも思うんですが、
あの方めっちゃスタイルいいしほっそいのにどこからあれだけのパワーが出てくるんですかね。
なんですかね。焼肉なんですかね。
青く染まっている光景も素敵でしたが、ご本人の強さというか、スマートだけどその対極も併せ持つというか。
カッコよさ、クールさの中の熱さと鋭さが際立ってるのを感じました。

お三方のソロはやはり3人の特色がきれいに出ていますね。
私はよく色で曲を例えるのですが、今回はソロ曲(というかソロのスタンス?)を花で例えていました。
夏川さんはありがちですが“向日葵”。曲はデイジーですけど。太陽の現身のようにニパっと輝いているような。
うん、オノマトペとしては「ニパッ」が一番ふさわしいかな、と。
麻倉さんは“秋桜”でしょうか。ふと日常の風景を見渡せばすぐそこにある可憐さ、とでもいいましょうか。
心躍る美しさ、というよりは、拠り所にもなりうる可憐さでしょうか。
雨宮さんは“竜胆”ですかね。もしくは“藤”。イメージワードとしては『高貴』だと思います。
夏川さん麻倉さんと比較すると、すごく『高い』、というか『高い』んですよね。いや、これは全然悪い意味ではなくて。
強さが「力」ではなくて「立ち位置」とか「ふるまい」とかに表れているからこそ『高貴』なのかもしれません。


さて、全体曲に戻りたいのですが…その前に。

デコ出しーなは、ヤバい

今回初めてライブ中にメモをとっていたのですが、そこだけ読めない。可愛さに撃たれたんでしょう。この時だけは3階席であることを恨みました。

では気を取り直して全体曲に。
「かかわり」、前回は箱庭感、と言ったのですが、今回は感じ方が変わりました。
可憐さ、というのかパステルピンク調なのは変わらないのですが、“静かな戦い”という印象が加わりました。パステル調だけどどこか毒のあるピンク、というイメージでしょうか。TrySailの曲はやはりタイアップがあると、それに関わる人のイメージが強く出るのでしょうか。
あと印象が強いのは「ホントだよ」と「HFS」ですかね。
「ホントだよ」の方は雨宮さんの『めんどくさいなんて言わないで』のクソガキ感(褒めてます)が素晴らしかったですね。回を増すごとに強く、そして素敵になっていると感じました。
「HFS」は本当に強い戦い、ガチンコの殴り合いって印象が増していました。命削って魂震わせての殴り合い。パワフルなんて言葉じゃ物足りないくらいでした。

あまりMCに関しては深く染み込んで言葉に出来ないのですが、今回の最後のMCはお互いがお互いへの感謝や3人の繋がり、絆を心から感じられるものでした。
そこで何故か「空も飛べるはず」の歌詞が浮かんできました。

〜君と出会った奇跡が この胸にあふれてる
きっと今は自由に 空も飛べるはず〜

次は7月にアリーナ公演があります。
そこでの更なる飛躍、飛翔を僕は見ていたいと思います。


思った以上に長くなりました。
今日はここまで。
では。


幾星霜と語り継ぐもの。

ども、玖狼です。

何となくお久しぶりな感じです。
さて今回もライブ(というかイベント)の感想になります。
先日12月28日に、2つのイベントに参加してきました。
1つ目は「関東高橋会 年末総会~昼の部」
2つ目は「LAWSON premium event 麻倉もものMusic Rainbow 04」です。

まずは1つ目。関東高橋会の感想です。
登壇されていたのは、高橋美佳子さん・井口裕香さん・瀬戸麻沙美さん・高橋未奈美さんの4名。
美佳子さんを筆頭にした女性声優の集まり、通称「関東高橋会」のメンバーのおしゃべりを聞いている、というイベントでした。
完全に、女子会を近くで見ている、という雰囲気でした。そして想像通り、ただの会話(失礼かもしれませんが)なのにものすごく面白い。4人がばらばらの個性を発揮していたのがとても印象深かったです。
個人的には、瀬戸さんのイメージが完全にひっくり返りました。しっかりしている人というイメージだったのですが、ド天然ですね…。
開始早々、脇にあるツリー(コンセプトが「遅めのクリスマス会」でした)をいじる、プレゼントでもらったおもちゃの犬をところどころで起動させる等々。自由人って感じでした。
そして何より面白かったのが、「ネタつぶし」ですね。
クイズコーナーやジェスチャーコナーがあったのですが、自由に進行しているからか、次々とヒントになることやお題そのものを先にしゃべってしまう。すばらしい先読み能力でした。
そして、あると思っていなかったカラオケコーナー。高橋未奈美さんの歌唱力にただただ呆然としていました。トークとキャラ違いすぎるでしょほんとに…。
このイベント、とあるラジオを聴いていて存在を知り、ちょうどその日に東京に行っている(2つ目のイベントの参加が決まっていました)ので、興味本位でチケットを取ったのですが、あの時の自分本当にナイスだったなと思います。とても面白かったです。
純粋なトークイベントでここまで面白い、というのは、やはりラジオのパーソナリティを長くやっていらっしゃる方々が行っているからでしょうか。またあれば行きたいなと思いました。

それでは2つ目。「LAWSON premium event 麻倉もものMusic Rainbow 04」の感想です。
こちらは年末恒例のMRの第4弾。去年のMR03も参加しました。このときはTrySailの3人で開催されていました(お鍋作ってました)。今回は3人それぞれのMRで、私は麻倉さんの公演のみの参加でした。
コンセプトは「七色特技」ということで、7つのお題に挑戦し、観客の判断で特技の欄に加えるというもの。その7つは
・手品・フラフープ・枕草子暗唱・桃乗せ・自転車・イラスト・美味しそうに食べること
の7つ。
結果的に採用となったのは、フラフープ・枕草子暗唱・桃乗せ・美味しそうに食べることの4つでしたが、
やはり外せないのが「美味しそうに食べること」でしたね。なんであんなに幸せそうに食べるんだろう、と。
こっちが「食べたい」と思うのではなく、「食べさせたい」と思ういい表情でした。
ライブコーナーでは、キャラソンとソロ曲の披露でした。個人的に「明日は君と。」を初めて生で聞けたのがとてもうれしかったです。

さて、今年も明日で終わりですね。
今年のイベントは28日のこの2つで納めとなりました。
2016年はイベントにものすごく参加したな、という印象です。
いい機会なので、次の記事に自分がイベントに参加する時に思っていることなどを書こうかなと思います。
あまりきれいなお話ではないので、興味のある方はご一読ください。

それでは一旦この辺で。
今日はここまで。

果てない空。

ども、玖狼です。

昨日,雨宮天さんの1stライブ“Various SKY”大阪公演に参加してきました。
アーティストのソロライブに参加するのは初めてになるのかな?
非常に楽しかったです。
東京公演が10月8日なので,それに合わせて公開しようかなーと思ったのですが,
残念な記憶力のため,薄れないうちに書いておこうと思います。

セトリはこんな感じ
1.Skyreach
2.夢空
3.Glitter
4.チョ・イ・ス
5.Harmonious(アセイラム・ヴァース・アリューシア starring 雨宮天)
~ここからカバー曲~
6.月光花(Janne Da Arc)
7.みずいろの雨(八神純子)
8.魂のルフラン(高橋洋子)
~カバー曲終わり~
9.羽根輪舞
10.月灯り
11..ASH
12.Velvet Rays
13.Silent Sword
14..Absolute Blue
~アンコール~
15.奏(藤宮香織(雨宮天))
16.After the Tears
17.RAINBOW

アルバム曲を中心に,最近なかなか披露されていないカバー曲やキャラソンを入れてくれたセトリでした。
全てに語ると長くなりそうなので,印象の強かった曲をピックアップしていきます。

3.Glitter
前回のレビューでも書いたんですが,『不安定さ』というのが照明も相まってとても感じられました。
オレンジの照明が完全にトンネル内部でした。
生で聞いて改めて思いましたが,歌詞にもあるように,なんか猫っぽいですよね,この歌。
黒猫みたいに人から離れるけど,やっぱり恋しいというような,そんな雰囲気。
路上ライブ感がするので,ギターの弾き語りをして欲しいなって思いました。

5.Harmonious
まさかのキャラソンでした。
この曲はアルドノア・ゼロの終盤でEDとして流れ,心にくるものがあったのを覚えています。
イメージとしては,海でした。水の中で彷徨っている時に時折光が差し込んでくる・・・といったような。
壮大な曲調のせいか,ひどく広大で周りが不明確な雰囲気からくる不安と,上には必ず光があるという希望。
そんなイメージを抱きました。
雨宮さんの歌はかっこいい曲が多いですが,私個人としては落ち着いたバラードのほうが好みです。

9.羽根輪舞⇒10.月灯り
この2曲はセットで語るべきでしょう。
ある種ドラマ仕立ての演出が際立っていました。
羽根輪舞は,雨の中の石畳の町,という雰囲気でした。
そうか屋内じゃなくて雨の中っていう考え方も出来るのか・・・と思いました。
やっぱりバラード好きです。
そこからつながる月灯り。
雨が上がって天窓から月明りが差し込んで・・・という演出だと解釈しました。
私の座席が左の方だったので,雨宮さんの姿をはっきりと見ることが出来たのがうれしかったです。

11.ASH
この曲で話したいのは,衣装です。確かこの曲の時だったと。
まさかのキャストオフ。
前半のドレス風衣装も美しかったですが,ここからの袖なしハーフパンツ(ファッションに詳しくない)は素晴らしい。
頭の中では「完全にエリザベスだこれぇー!(ペルソナ3参照)」でした。
いや青いあの衣装でかっこいい曲を披露されたら惚れるでしょ。
かっこよさの極みでした。

15.奏
正直に言うと,奏は東京公演で披露されると思ってました。
ですが,アンコールで歌っていただけ,とてもうれしかったです。
本人も仰っていたと思いますが,おそらくこの曲がターニングポイントだったんだと思います。
それくらい印象深い曲で,いろんな人の心に届いたんではないかな,と。

16.After the Tears
ネガティブからの脱却,というか,現状からの脱出を感じました。
レビューでも『前進』という言葉を用いましたが,そこまで前向きでもないのかな,とも思いました。
言うなれば『萌芽』でしょうか。力自体は小さいですが,確実に先を見据えている。そんな雰囲気を感じました。


今回のライブでの雨宮さんの発言で一番心に残ったのは,『挑戦』という言葉でした。
自分ひとりの力は小さいけど,周りから力をもらって前を向くのだと。
刺さりました。
基本一人で行動して,自分の力に余ることはしないことを続けていたので,眩しく感じました。
周りの力を頼ることも必要なのかなと。
自分を変えることに抵抗があります。
ですが先ほども言った『萌芽』は芽生えであり変化ではない。
進化を恐れてはいけないのではないか,と考える機会にもなりました。
そういった意味でも,今回のライブに参加してよかったなと思います。

今日はここまで。それでは。

ブログ内検索
RSSフィード
リンク