スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

移りにけりな徒らに。

ども、玖狼です。

去る土曜日、ライブに参加してきましたので、その感想ブログとなります。
「TrySail first Live tour “The Age of Discovery” 」の大阪公演。
今年初ライブでした。
ライブツアーで当選したのがこの大阪とラストの横浜だけ…。
万感の想いです。地元だし。

それでは曲などの感想をば(MCに関しては曖昧記憶力なので、割愛)。
1.Sail Out
どうして涙腺刺激曲が初っ端に来てしまうのか。
イントロの段階で泣きそうになる始末。
あと登場した瞬間、というかナンスのシルエットが見えた時から「あ、この髪型、めっちゃ好きなやつ…」ってなってました。
サイドポニーに弱いオタク。
2.オリジナル。
初めて生で聴けた感激。
イメージとしては水たまりに映る空、という感じでしょうか。
アニメタイアップだとどうしてもそれにひきづられるところもありますが、非常に爽やかですね。
晴れやかとはまた違って、何というかこう、澄んでいる感じです。イメージカラーは若草色、でしょうか。何故か芝生がイメージされるので。
3.BraveSail
勝手にTrySail名作劇場と呼んでいます(
カントリー調、というのでしょうか。赤白チェックなイメージの曲ですね。
そしてなんだあの可愛い振り付け…ジャンプとか腕組みグルグルとか…いい…
4.朗読劇→Chip log
ツアー恒例らしい朗読劇。関西なので漫才風。
曲についてはこちらも何処か物語チックですよね。
とても楽しい感じでした。
5.Daisy Days
待ちに待ったナンスのソロ曲。
いつかのライブでのカバー(たしかカブト虫)の時にも思いましたが、平成初期くらいの女性ソロアーティストの曲調が本当に似合いますね(aikoさんとかの辺りです)。明るい太陽、というより向日葵?でしょうか。そんなイメージでした。
6.明日は君と。
MR04以来のもちょソロ。その時よりも落ち着いて見て聴けたような気がします。
7.Silent Sword
オリックス劇場で聴く2度目の静寂剣。より研ぎ澄まされた名剣でした。
カッコいい曲とダンスにスタイルが映える、カッコいいを通り越して美しいとさえ思いました。
8.ゆずれない思い
ハモ曲。そうか冒険がテーマか…。
ゆずれない思いカバーは何曲か聞いたことがあるのですが、その中でもトップクラスに好きなカバーでした。
9.センパイ。
はい私はバカです(
ハニワ曲の印象として、歌詞やメロディがとてもシンプルだというのがあると思うのです。
その強みが惜しみなく発揮されている曲ですね。明るいセピア色という印象でしょうか。
10.かかわり
初めてフルが聴けました。
衣装のイメージもあるのですが、聴いていると「ドールハウスで踊る人形」のイメージが浮かびました。でも曲が進むにつれて自我を持ち、世界に飛び出していく、というストーリーまで出来上がりました。想像していたより動きのある曲で驚きました。
11.primary
12.僕らのシンフォニー
会場シャッフル曲。
元気で明るい暖色系の曲はやはり盛り上がりますね。
13.コバルト
14.High Free Spirits
個人的青の2連星。
今回の特に印象的なところとしては、HFSの2番サビでのナンスパート。
魂こもっている感じでした。熱い。
15.Baby my step
うって変わってキュート全振り。
この振れがギュンッてなるところも魅力ですね。
16.Youthful Dreamer
やはりこの曲。TrySailと言えばコレでしょう。
安定と言えばいいのか分かりませんが、これなくしては…という感じですね。
17.ひかるカケラ
アンコール曲。
アンコールらしく自由な雰囲気が良かったです。
3人がキラキラしていました。眩しい…

こんな感じですね。
今日(日曜)もリリイベに行ってきたのですが、それについては、うーん、書くかもしれません。

今日はここまで。
それでは。

コメント

非公開コメント

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。