張子の虎,虚仮嚇しの狼。

ども,玖狼です。

めちゃくちゃお久しぶりみたいですね。
いつものようにライブ感想更新です。twitterで済ませるつもりが,なんか目が冴えちゃったので。
あくまで感想・私見が大半ですし,頼りない記憶力を伝っているので前後関係などが混乱しているかもしれませんがご容赦を。

今月頭から開催されていた,“LAWSON presents TrySail Live 2017 Harbor × Arena”全公演に参加していました。
そして本日(日付変わっちゃったから昨日),ファイナルを迎えたのですが,
その神戸公演(7/29, 30)が個人的には初めて尽くしだったので,記録に残しておこうかなと思った次第です。

まず初日。
座席がアリーナHブロックのちょうどセンターステージ通路(メインステージとセンターステージをつないでるとこ)の隣2つ目でした。
つまりめちゃめちゃ近かったということです。
ここまで近くでお三方を見ることができたのは初めてで,興奮が冷めやらぬという状態でした。
しかもですよ、通路で止まるところがあるじゃないですか。
だいたいすぐ横で止まってくれるわけですよ。めっちゃこっち見てくれるわけですよ。
記憶飛びますよね(
横浜の時も同じブロックだったのですが、もうちょっとセンターから離れたところだったので、センターステージを見るのに後ろを向かないといけないんですが、その時あまり視界がよくなくて。
でもこの席だとセンターステージも見えるわけです。くっきりと。
別のライブの時,演者さんの後ろ姿しか見えず落胆してたんですが,一緒に行った人が「モニターとか前からの姿は結局ライブ映像が出たときに見れるけど,後ろ姿は今しか見れない」と言っていたことを胸に刻み,しっかりと目に焼き付けていました。
で、神戸初日の曲目なんですが。
セトリ自体は横浜とほぼ同じでした。ですが,今回は雨宮さんにすべて持っていかれていたといっても過言ではないかと。
以前のライブの時にも思ったんですが,HFSの雨宮さんはどうしてあんなにかっこいいんでしょうかね。
雨宮さんの歌は個人的にとても好きなのですが,魅力はパワフルさというよりも,スマートさだと思っていたんです。もちろんパワフルな曲もあるんですが。
イメージでいうと,パワフルといっても『刀』のような。強いんだけど,しなやかで芯のある強さ、とでも言いましょうか。
ですが,HFSの時は完全にハンマーでした。ぶん殴られたかのような衝撃でした。近かったから余計そう感じたのかもしれません。
そしてなんといってもirodori。CDを何度も聞きこんでいるんですが,やっぱ紅いジャズめっちゃ好き。ほかにも個人的紅ジャズはあるんですが,同格といってもいいほど好きです。カラスという単語があるっていうのも個人的ポイント高い。
irodoriも『強い曲』ですよね。こちらは『刀』『ハンマー』とはまた違う,秘められた強さ,というか。個人的には『叛逆』という言葉が一番しっくりくるんじゃないのかなと。曲自体は“紅”とか“金”とかのイメージなんですが,最後のブルー。これはもう叛逆としか言いようがないのではと。
そういうことを考えてから聞くirodori,最高でした。

そして日が変わって2日目。
座席としてはアリーナステージAブロック最後列一個前。
初めての最高列間近。
そして初めてのトロッコ接近でした。
トロッコ。2階席のある会場であっても、トロッコに遭遇したことはなかったので,近くで見ることもなかったのです。
ですが今回初めてトロッコを間近で見て,「こんな素晴らしいものを発明したのは誰だ」と思いました。
最後列間近ということで,1日目とは打って変わってステージをまじまじと見ることはできなかったので,今回はトロッコを見た感想を。
2日目のトロッコ。開始早々夏川さんに持っていかれました。
twitterでは書いたのですが,もう一回書きます。相当気持ち悪いです。

夏川さんのポニテ!首筋!!光る汗!!!!

はい。
SailOutの時にちょうど後ろに来てくれていたのですが、その時にやられました。
ポニテにしていたのは最初から「あ、髪型が昨日と違う…ポニテじゃん、やばいわ近くで見たら死ぬわ」と割と軽く考えてたのですが、やられました。
後半のトロッコでも拝謁することができたのですが、素晴らしいものでした。
超眼福でした。それ以上の視覚情報の記憶がない。だめだこの脳みそ。
夏川さんといえば、1日目の時に思ってたんですが,センパイ。のときの振りがとてもツボでした。
拗ねた後輩チックな脚の動き。素晴らしい。
全体的に夏川さんのステージパフォーマンスがライブを重ねるごとに進化しているのがわかりました。
私はライブを見るとき,出されたものをすべて平らげてしまうタイプ(特に何も考えない)なので,そういうのはこういうこと考えるのに損だなーとも思いました。
そして2日目の麻倉さんのMCはとてもよかったです。
言葉を選びつつ,ゆっくりと伝えようとしてくれていること。そして想いが溢れてしまって言葉が先に出ちゃうとことが何となくですがこちらにも伝わってきました。
残念なのはその時の姿をきちんと見れなかったことですね。この時ばかりは流石に運と低身長を恨みました。

とりあえず記録として記憶に残しておきたいのはここまで。
次のライブは8月2日のペルソナライブ。
感想書くかは決めてません。
今日はここまで。それでは。

コメント

非公開コメント

ブログ内検索
RSSフィード
リンク